宮崎みんなのポータルサイト miten !でグルメ・イベント等の生活情報をチェック!
働いてミテン
ユーザー名:
パスワード:
トップ | 無料会員FAQ | サイトマップ | リンク集 |
すべて 食べる
遊ぶ 買う
キレイ 暮らす
健康 医療・福祉
でかけてmiten
買ってミテン
働いてミテン
ミテンの本棚  >  体で感じる・心が育つ

体で感じる・心が育つ
こどもに関するコラム集!専門家がコラム・情報を掲載しています。
 
No.154 神様からのメッセージ〜原田ファミリー〜
原 田 京 子 ( 児童文学作家 )
 8月の始めに頚椎ヘルニアを発症したことは前にも書きましたが、その後まもなくメニエール病を再発し、さらには10月に円形脱毛症が再発しましました。現在そのトリプルダメージの真っ最中です。
 私が最初にメニエール病を発症したのは出産して2年後でした。息子が「オッパイ」と「オムツ」を卒業した頃です。私は「粉ミルク」と「紙オムツ」を使わない子育てをしていましたから、授乳とオムツの洗濯に明け暮れる毎日でしたが、その大変さから解放された矢先のことでした。体を動かすと天井がクルクルまわる。吐き気はする。その症状といったら尋常ではありません。一度、息子を抱き上げて「高い、高い」をした直後にめまいに襲われ、道端で倒れたこともあり、通院と投薬が1年ほど続きました。
 二度目のひどい発作はトライアスロンの試合の二日後でした。このときは前回よりは軽い症状でしたが、しばらくは布団に仰向けに寝ることができませんでした。
 それ以後も何度か発作は繰り返しましたが、治らないのだとあきらめて、この病気と上手く付き合っていくと決めていました。

 円形脱毛症に関しては、息子が幼稚園に入ったときでした。このときの脱毛の症状はひどく、後頭部の5cm×10cm四方の毛が抜けました。息子が小学校に入学してからはこの病気とは縁がなかったかに見えましたが、5年ほど前、母の入院、介護、私の引越しなど、さまざまな出来事が重なり、またもや再発しました。この症状は3年ほど続き、今年の始めにやっと完治したかに思えた矢先、直径2センチ位、毛が抜けているのを見つけたのでした。さすがの私も心が折れ、病院の帰りに墓参りをし、大好きだった祖父母や父の墓前で「ああ、またはげちゃった」そういった後、思いっきり泣きしました。

 以前のコラムでも書きましたが(91『心と体の深い関係』)、メニエール病も円形脱毛症も「神様からのメッセージ」だと思っています。メニエール病によって、「あなたは無理をしすぎているから、しばらくは動きたくても動けないようにしますからね」、神様はそういっているのです。そして、円形脱毛症によって、「この人は相当無理をしているから、もうこれ以上無理をさせないでくださいね」、そういって、脱毛という目に見える形で私の周りの人に知らせているのです。現在、さらにそこに頚椎ヘルニアが加わったのです。もう、じっとしている以外に方法はありません。神様は否が応でも私に「てげてげと、ぼおっとしなさい」そうメッセージを送ってくれたのでした。

 ぼおっ、としていても、頭の中ではいろいろと考えています。さまざまなことが思い出されます。そういえば、初めてメニエール病になった頃、息子は2才でした。私はめまいがしては吐き気をもよおしトイレに駆け込みます。息子はそのたびにトイレまでついてきて私の背中をさすってくれました。気分が悪くて横になっているうちに寝入ってしまい、お昼ご飯の支度をしないでいると、目覚めたときに枕元に小さなおにぎりが置いてあります。また、夜中のおしっこに至っては、夫が、
「裕人がきみを起こさないように、抜き足差し足でおしっこにいっていたよ。」
と教えてくれました(コラム4『親ばかバンザイ』)。

 そういえば、小学校に入学してからはこんなこともありました(33『あなたはあなたのままでいい』)。朝、息子が「行ってきます」の挨拶もそこそこに家を飛び出して行ったので、あわてて玄関に行くと、水着が入った袋が置いてあります。今日は水泳の授業がある日でした。見ると玄関に置いてあるはずの生ゴミの入った大きな袋が見当たりません。きっと息子は私に気づかれないようにそっと生ゴミを捨ててあげようと思ったのでしょう。代わりに水着の袋を忘れていったのでした。息子が水泳の授業を受けられないのはかわいそうに思ったので、学校まで水着を届けることにしました。教室に行くと息子が飛び出してきました。私は息子に、
「お母さんの代わりに生ゴミを捨てに行ってくれてありがとう。」
 そういって息子の頭をなぜながら、水着の袋を渡したのでした。
 その日学校から帰った息子は、
「みんながね、原田の母ちゃんって良い母ちゃんやねっていってたよ。」
 嬉しそうにそういったのでした。

 考えてみると、息子と過ごした時間は他の家庭にくらべたらずっと少なかったかもしれません。なぜなら、息子は、小学校を卒業したら親元を離れてしまったからです。そのせいか、私は「くそばばあ」と呼ばれることもなく、たまにしか会えない息子との時間を大切に、そして、息子に大切にされながら過ごしてきたのでした。
 仕事柄出張が多かった夫は、空港へ見送りに行くたびに息子に、
「お父さんが留守の間、お母さんをちゃんと守ってくれよ。」
といっていました。ですから息子は、幼い頃から私を守っていてくれたのです。

 こんなふうに、たくさんの親子の思い出があることは本当に幸せなことだと思います。文字として文章に残せることも幸せなことです。今月のコラムは、私のトリプルダメージの話で始まりましたが、「親ばか話」で終わってしまいそうです。

 あ、それから幸せついでにもうひとつ。新しい児童文学ファンタジーの構想がまとまりそうです。次から次へとわいてくる物語の構想。これもまた神様からのメッセージなのです。神様はいつも私に、幸せになるためのメッセージをくださいます。

 頚椎ヘルニアになって、いつものように机に向かってパソコン作業ができない私のために、息子が膝の上にパソコンをのせて作業ができるような小さな座布団付の木の机をプレゼントしてくれました。今、それの上にパソコンをのせてこのコラムを書いています。座っている椅子も、夫がプレゼントしてくれました。
 トリプルダメージを受けている私ですが、そんな中にあってたくさんの「幸せ」をかぞえています。今月の写真は、そんな幸せな「原田ファミリー」の写真たちです。

-----------------------------------------------------------------------


『プラトニック・ラブレター』の単行本が好評で、装いも新たに幻冬舎から電子書籍化されました。

Amazonの電子書籍はこちら(外部サイトへ)
紀伊國屋の電子書籍はこちら(外部サイトへ)
2020-12-01 更新
2021 | 01
2020 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2019 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2008 | 02 | 03 | 06 | 07 | 08 | 10 | 11 | 12
2007 | 12
著者プロフィール
原田 京子(はらだ きょうこ)
1956年宮崎県生まれ
大学院修士課程修了(教育心理学専攻)

【著書】
児童文学
『麦原博士の犬語辞典』(岩崎書店)
『麦原博士とボスザル・ソロモン』(岩崎書店)
『アイコはとびたつ』(共著・国土社)
『聖徳太子末裔伝』(文芸社ビジュアルアート)
エッセー
『晴れた日には』(共著・日本文学館)
小説
『プラトニック・ラブレター』(ペンネーム彩木瑠璃・文芸社)
『ちゃんとここにいるよ』(ペンネーム彩木瑠璃・文芸社)
『タイム・イン・ロック』(2014 みやざきの文学「第17回みやざき文学賞」作品集)
『究極の片思い』(2015 みやざきの文学「第18回みやざき文学賞」作品集)
『ソラリアン・ブルー絵の具工房』(2016 みやざきの文学「第19回みやざき文学賞」作品集)
『おひさまがくれた色』(2017みやざきの文学「第20回みやざき文学賞」作品集)
『HINATA Lady』(2018みやざきの文学「第21回みやざき文学賞」作品集)
『四季通り路地裏古書店』(2019みやざきの文学「第22回みやざき文学賞」作品集)




***********************
※ブログのアドレス(※モバイルでは正しく表示されない場合がございます。 )
「彩木瑠璃の癒しの庭」 http://ameblo.jp/akylulu/
「彩木瑠璃の心の筋トレ」 http://blog.livedoor.jp/saikiruri/ 
「巴里アパルトマン生活を夢見て」 http://blog.goo.ne.jp/saikiruri
(1) 2 3 4 5 6 7 8 9 10 » 
PopnupBlog 3.0 Denali-1225 created by Bluemoon inc.  
e87.com(株式会社千趣会イイハナ)
富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART