第671回『高鍋町・やまんうえ藤原牧場』2021/9/25放送
宮崎の餃子特集第1弾!!
お楽しみいただいていますでしょうか。
番組をお聴きいただき、さらにこのHPをご覧いただき「餃子食べた!」メッセージ続々届いています。本当にありがとうございます!!
餃子を食べて、購入頻度・支出金額年間日本一!目指しましょう!!
今月は豚肉・鶏肉を使った餃子をすでにご紹介しましたが、最終は牛肉を使った牛餃子を販売する『藤原牧場』です。



やまんうえのお肉屋さん“藤原牧場”は、高鍋町舞鶴公園の向こう側。といった表現が分かりやすいかな。高鍋町役場から車で10分ほど。



藤原牧場の特長の一つは、飼料にハーブを配合していること。メインとなるシナモン・オレガノ・ジンジャー・ガーリックで臭み脂身を抑えています。



それぞれのこだわりってありますが、藤原牧場のこだわりの一つに、加工する上でスライサーを使わず、全て包丁を使われていること。その時々の肉質や状態で厚みなど変えて、より美味しいお肉を提供されているんですって!!



生産者直販の販売所、そしてレストランも経営。近くに牛舎がありますが、風通しもよくストレスフリーの環境下で飼育されています。



ランチメニューは日替わり焼肉・ステーキ・カレーなど15種類以上。Takeoutも勿論あります。地元の焼酎に付け込んだ“焼酎のもろみステーキ”も!!



2年ほど前から開発に取り組み2020年から販売開始。餃子の監修は地元の餃子の馬渡でモチっと食感を楽しめます。塩で食べるのがおススメですって。



生産者直販の強み。一頭買いされているので、ミスジ・イチボ・ランプなど希少な部位も購入できます。手ごねハンバーグ・牛すじ煮込み・カレーも!!



小高い丘の上にあり、公園のような作りで楽しめます。よく、子供たちが芝生でゴロゴロっと…遊んでるそうです。デッキで食事も出来ますよ。



2010年に発生した口蹄疫。藤原牧場もその被害に遭いました。だからこそ…の今なんですよね。経営も40年以上、三代目の藤原一信さん!牛💛



以前、私も牛餃子を購入して食べたことがありましたが、餃子の具としての牛肉の贅沢使い。生産者の強みですよね~。食べ応えのある逸品でした。
よく「宮崎の産物は本当に美味しいし、価格も嬉しい価格ですよね」と、言われます。今回も実感しましたね。
さぁ、食べて応援!そして、食べて日本一!!目指しましょうーーー。

『やまんうえの藤原牧場』
高鍋町大字上江7697-19   0983-35-4398
https://www.fujiwara-farm.co.jp



~~~~~~~

*9月のプレゼント*
(1)おしゃれの穴場マスミヤ バスタオル卒業宣言タオルセット(店頭渡し)   2名様
(2)JA串間市大束 山大甘藷2kg                            1名様
(3)川南町香川ランチグループ善太郎屋 生卵6個入4パック
 &卵かけご飯のダシ2本セット(店頭渡し)                      1名様
(4)宮崎市ベルエポックグループ 日南赤豚の特製メンチカツ(店頭渡し)    2名様
(5)道の駅くしま・ポテトスタンド スイートポテトフライ
 &ポテトフライ&ドリンクセット                            1名様
(6)宮崎市屋台骨 生餃子&生釜揚げ&つけ麺(店頭渡し)             2名様
(7)宮崎市802ギョーザ1500円相当餃子セット(店頭渡し)             1名様
(8)高鍋町居酒屋一本気 鶏餃子12個入り
 &若鶏もも炭火焼1パックセット(店頭渡し)                    2名様
(9)高鍋町藤原牧場 牛餃子10個&手ごね生ハンバーグ2個セット(店頭渡し) 1名様




【応募の際に必ずご確認ください】
プレセントが当選した場合は、miten会員情報にご登録頂いた住所に郵送されますので、応募の際は住所が正しい事を確認してご応募ください。
ご確認・変更はこちらから

ご当地クイズはこちらから”!※ログインが必要です。


ぶらり宮崎さるき隊TOPへ